舞台探訪総研

アニメ・マンガ等で登場する背景のモデルとなった舞台を紹介します

TVアニメ『ひだまりスケッチ×ハニカム』 舞台探訪(聖地巡礼)@修学旅行 洞爺湖・登別・白老編

ひだまりスケッチ×ハニカム 舞台探訪(聖地巡礼)@北海道虻田郡洞爺湖町、白老郡白老町登別市


第1話「5月16日〜5月18日『どこでもでっかいどー』」+第2話『5月18日〜19日、上からゆのさま』」


小樽編に続いて今回は道南編です。札幌から行くには自動車が必須なのですが一人なら1日散歩切符で行った方が安いじゃないということで
JR×自転車輪行スタイルでそれぞれ3つの舞台を回ってきました。2日目の主な舞台は洞爺湖・登別!


洞爺湖・噴火記念公園周辺

やってきました洞爺湖です!札幌の方は雨で心配でしたが峠を越えたこちらの方は良い天気。
この時期は少し肌寒いですが観光客も少ないので穏やかでまったり静かな時間を過ごせます。

こちらのカットは洞爺湖の左下、噴火記念公園の西側、道道2号線沿にあります。
撮影ポイントですが右の写真のように柵の部分を合わせるとしたら噴火公園東側ですが
中島を撮影したいなら最初の写真のように東側から撮影した方が良いですね。

こちらの彫刻(モニュメント)も噴火記念公園西側に設置されています。

こちらの仮面のような彫刻は噴火記念公園東側に設置。

こちらも同様。子どもの頃に洞爺湖は温泉街の方しか行ったことがなかったのでこんなところまで彫刻が設置されていたなんて知りませんでした。


洞爺湖・洞爺マリン


ヒロ・沙英さんらが乗ったボートです。洞爺マリンはボート乗り場の真ん中ら辺にあるかな。
エンジン付きスワンは20分2500円、30分3000円です。
さすがに寒くて誰もボートに乗ってない上に一人スワンとかハードル高いので今回は遠慮。私もまだまだですね。





これが足こぎ用ボート。そして次のカットがエンジン付きなのですがスワンでエンジン付きってww
 
ちなみに近くには足湯を楽しめたり、2008年に北海道洞爺湖サミットが開催されたザ・ウィンザーホテル洞爺湖を見られたりします。


かに御殿・白老町竹浦

店舗の上に巨大なヒグマに巨大なカニの看板。こんなところはそうそうないですよねwJR室蘭線の車窓からも見ることができ
以前からすごいお店だなと思っていたのですがスタッフさんらも目が止まったようです。

国道36号線沿いにある海産物販売とレストラン経営するお店。スタッフは車でR36を登別方面に向かって走ってたんでしょうね。
あまりにインパクトがある建物なので私が訪れたときも大勢の人が写真撮影してました。
最寄駅はJR竹浦駅。歩けない距離じゃないですがあまり歩きたいとも思えない距離です。駅前にタクシーも停まってないので
自転車輪行出来るならそれが一番でしょう。基本は車で行くような場所です。


登別グランドホテル


登別温泉街にある老舗ホテル。JRで訪れる方はJR登別駅から道南バスが一日38往復出てますのでこれを使うと便利。1時間に2〜4本。所要時間15分程度。
札幌や新千歳空港からも直行便が出ていますのでこれを利用できる方はこれが一番安くて早い方法だと思います。
私は駅から自転車で行こうと思いましたが、自転車の走れるスペースがなく大型バスの往来が多い上に
街灯もないので夜は危険と判断。バスを利用することにしました。

まずは外観から。地形上このアングルで同じ高さから撮影するのは出来ませんでした。

特徴的な玄関のドーム形状があるのは当ホテルだけ。

次は露天風呂。日帰り温泉はHPにあるクーポン使っても1200円と少し高めの設定ですが沙英らさんが入浴したなら入らない手はないでしょう!
ということで温泉も堪能してきました。実際に行ってみると本当にこのまんまなので、このシーンを頭に入れておけば温泉をもっと楽しめると思いますよ。


しかしながらこれらカットにあまり納得がいかない。部屋を覗けばどれも撮影不可能なカットじゃないか。。
それなのに再現率はシャフトのひだまりなのに意外と高い。。

と思っているとJR駅改札前にこんな広告が。この写真どこかで見たような・・・


比較するとご覧の通り一致!!温泉のカットはきっと他の写真も参考にしてると思いますが
外観カットはそのままこれを参考にしていると思われます。
このカット撮影するなら温泉街まで行く必要なかったじゃないですか!!ww


【おまけ】

洞爺湖のお土産といえば、私イチオシなのがわかさいも本舗です。

他では買えない洞爺地区限定パッケージのわかさいも。折角来たなら空港じゃ買えないものをと思っている方にオススメ。
これ結構おいしいんですよ。温かい緑茶によく合います。

そして本店には他店では食べられない出来たてのスイーツも!秋限定皮つきスイートポテトは本当においしかったです♪
また食べたいなぁ。北海道では美味しいお土産がたくさんありますから是非その場で美味しいものを食べてってもらいたいですね。




ということで今回のハニカム道南探訪はこれで終わりです!たったこれだけのカットなのにむちゃくちゃ時間かかった。。北海道はでっかいどー。
残すは函館編ですね。場所は小樽編のおまけに記載した通り全て特定はしているので行く予定のある方はそれを参考にしてもらえれば。ではでは。



舞台探訪費:4000円



より大きな地図で ひだまりスケッチMAP を表示


このページでは、ひだまりスケッチ×ハニカムの背景を比較研究目的により引用しています。作品の著作権(画像も含む)は(c)蒼樹うめ芳文社ひだまり荘管理組合にすべて帰属します。


撮影日:2012年10月20日


関連記事:
TVアニメ『ひだまりスケッチ×ハニカム』 舞台探訪(聖地巡礼)@修学旅行 小樽編
TVアニメ『ひだまりスケッチ×ハニカム』 舞台探訪(聖地巡礼)@函館編
ひだまりスケッチ 舞台探訪記事一覧