読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

舞台探訪総研

アニメ・マンガ等で登場する背景のモデルとなった舞台を紹介します

Fate/Zero・Fate/staynight 舞台探訪@神戸・明石

Fate/zero・Fate/staynight 舞台探訪(聖地巡礼)@兵庫県神戸市・明石市


第4話「魔槍の刃」、第6話「謀略の夜」、第12話「聖杯の招き」


長い本州旅行も最終日。帰りは神戸空港から飛行機だったので神戸へ来たものの、
特にやることもなかったので飛行機の時間までFateの探訪をしてみることにしました。
関西圏では舞台も散らばっていない作品なので暇潰しにはもってこいの作品ですね。
それにしても関西は舞台に困らなくていいですねぇ。思い出したように探訪が出来るのですからw


【明石・織田家長屋門】
まずは明石!日本の標準時子午線が通ってる街ですね!
明石駅の北口から西へと少し進むとこの古い建物が見えてきます。
この建物の向かいはお堀となっているのでお堀沿いに歩いていけば迷わないです。




【明石公園弓道場】


こちらは明石公園の最も北に位置する弓道場。すぐ着くだろうと思っていたらめちゃくちゃ歩かされましたw


【神戸異人館 風見鶏の館】

場所は変わって神戸の異人館街。神戸の観光地と言えばここですよね。

こちらは遠坂家の外観のみモデルとなったもの。


【神戸異人館 うろこの家】

こちらはstay nightでも登場した遠坂家。zeroでは内部もたくさん登場しましたね。
ただ、わたしは撮影していないので割愛します。


【ホテル モントレ神戸】

三宮駅から異人館街に行く途中少し西へと寄り道するとこのホテルに行けます。
ちょっとお邪魔して写真を撮らせてもらうことに。





じっくり撮影したい方は宿泊にここを利用してみてはいかがでしょう。


神戸大橋

三宮からはポートライナーの中公園駅がたぶん最寄り。
このシリーズでかなり重要な舞台の一つなので押さえておきたいところですが、
駅から行きづらい場所でちょっと億劫だったなー。








何て言うかFate探訪ってなんだかちょっとだるかったなーというのが一番最初に出てくる感想だったり。
初めてかつ唯一ビジュアルノベルゲーでクリアしたシリーズ作品でアニメの方も大好きなんですけどね。
ここら辺が自分でも不思議なところで、内容が好きな作品は必ずしも探訪として好きな作品になるわけではないんだなと思わされました。
シリアスな展開なのがいけなかったのかなぁ。
とはいえ、観光という目的は十分に達成できるくらいに観光地の中を回ることが出来てそこは満足できました。
探訪もしたいけど観光もしたい!っていう方にはオススメです。


舞台探訪費:2330円



より大きな地図で Fate/zero を表示


撮影日:2012年3月15日


このページでは、Fate/zeroの背景を比較研究目的により引用しています。作品の著作権(画像も含む)はNitroplusTYPE-MOONufotable・FZPCにすべて帰属します。


関連記事:Fate/zero舞台探訪リスト