読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

舞台探訪総研

アニメ・マンガ等で登場する背景のモデルとなった舞台を紹介します

TVアニメ『這いよれ!ニャル子さん』 舞台探訪@札幌

這いよれ!ニャル子さん 舞台探訪(聖地巡礼)@北海道札幌市中央区南ニ条西1丁目


第1話「第三種接近遭遇、的な」


今期の北海道舞台アニメ第1号は「這いよれ!ニャル子さん」(公式HP)でした! (」・ω・)」うー!(/・ω・)/にゃー!


先期はハイスクールD×D第1話で札幌市時計台というありふれたところが舞台として登場したわけですが、
今回は南一条〜二条西1〜2丁目の通りという非常に新鮮なところが舞台となりテンション上がりました!
アニメ・マンガが好きな道民なら誰もが知っているであろうあの場所です。
そう、地下35番出口から出てすぐのあそこですよw

アニメイト札幌店前】




モスバーガーアニメイトの看板、バス専用道路を示す道路標識などが一致しているのがわかりますね。
しかし何でとらのあなのところをまんだらけに改変したのでしょうwスタッフさんとら好きじゃなかったのかなーww

この通りは一方通行なので反対側に標識はありません。ちょくちょく細かいところ改変しますねw
またこのカットは頑張ればもっと一致率高く出来るとは思うんですが交通量の多い車道に出てまでの撮影は危険なのでこのくらいで。
完全一致狙うぞ!という方は気を付けてくださいねー。


この場所についてアニメ・マンガ好きな道民なら誰もが知っていると言いましたが、
それはこのビル周辺には札幌にあるほとんどのアニメ系ショップが入居しているからなんですね。
例えるなら秋葉原・日本橋・大須みたいな感覚でしょうか。ここに行けば欲しいものは大体手に入るんじゃないかな?ってな感じです。
異なる点と言えば近くに家電量販店などがないところでしょうか。札幌の場合全て札駅周辺に固まっていますからね。
ちなみにこのビルにはアニメイトの他、メロンブックスらしんばん・リブレット及びコスプレ系のお店が数店舗、隣りのビルにはとらのあなが入居しています。
ここにないのはゲマズとまんだらけだけですね。と言ってもどちらも歩いて数分のところにはあるのですよ。
ちなみにアニメイトの店内なのですが札幌店はレイアウトがアニメのとはちょっと違います。
次の最も雰囲気の似ている2カットだけ挙げるとまんま札幌じゃないか?!と思うんですがこれ以外のカットは実際にはないですからねー。

面白いのがちゃんと消火器の位置まで一致していること。これはちゃんとロケハンしているな。
平日の人がいなさそうなときにじっくり撮りたいですねー。完全一致狙えそうな気がするんですよね。

こちらもかなりの一致率。


最初はこの店内はちゃんとロケハンしてないだろうと踏んでいたのですが、
原画を担当しているスタジオがDebris札幌という札幌に拠点を置くところだったみたいで
これはロケハンしてそうだなと思い直し探訪に踏み切りました。
アニメイトもちょうど最近店内撮影歓迎というスタンスに変えたらしくわざわざ許可申請する手間も省けますしね。
ちなみに原作も大人買いしたのですが特典的にゲマズで全て購入しましたw
せっかくメイトが舞台なんだから何かやってくれると期待していたんだけどなぁ。


話は変わり、こういうアニメショップの背景というのは総じて秋葉原が登場することが多いのに今回なぜ札幌が登場したのかというところなんですが、
それは原作者の出身地と原作での舞台背景にあると推測されます。というのも簡単な話で、

①原作には札幌をほのめかすような描写もあるらしい(私はまだ読んでないのですが)
②作者の逢空万太先生は札幌市出身である

というようなことで登場したと考えられます。ということは今後も札幌が登場するかもしれないということですね!これは楽しみです。
また、EDクレジットにはDebris札幌が。サテライト札幌スタジオ閉鎖後に所属スタッフが設立したものらしく、
もしかしたら今回のアニメイト札幌店カットはロケハンしてるかもしれないですね。


ただこの後に出てくるカットを見ると色々と背景をごちゃまぜにして描いているようなので(いわゆるスポット型)どうなるかはわからないですが(NOVAが登場した通りは存在しない)
パロの多いギャグアニメで面白いですし、テンションの高いあすみんが観られるということで今期アニメの中でも優先して追いかけていこうと思いますw


ただ不満があるとすれば、何故札幌が登場するのに北海道で放送しない・・・!!最近だとそふてにっ!とかハイスクールD×Dが同じように未放送でしたよねー。
こういうときはニコ動があってホント良かったと思いますww


【おまけ】



アニメイト札幌店にニャル子さんコーナーが設置されていました。
定番の「(」・ω・)」うー!(/・ω・)/にゃー!」や「はやく買わないとSAN値が下がりますよ?」などのポップに加え
アニメイト札幌店の外観の背景画像を拡大コピーして貼りつけてるなどやってくれてましたw



舞台探訪費:400円



より大きな地図で 這いよれ!ニャル子さん を表示


撮影日:2012年4月12日、5月4日、27日


このページでは、這いよれ!ニャル子さんの背景を比較研究目的により引用しています。作品の著作権(画像も含む)は逢空万太・ソフトバンク クリエイティブ/名状しがたい製作委員会のようなものにすべて帰属します。


関連記事:這いよれ!ニャル子さん 舞台探訪リスト