読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

舞台探訪総研

アニメ・マンガ等で登場する背景のモデルとなった舞台を紹介します

TVアニメ『じょしらく』舞台探訪(聖地巡礼)@柴又

じょしらく 舞台探訪(聖地巡礼)@東京都葛飾区柴又


ОPの戦車が走行しているシーンがありますが、その背景に映っている建物は『男はつらいよ』の舞台として有名な柴又にありました。
戦車が走る通りは柴又帝釈天参道で、ちょうどその参道の中間にあるとらや前を走っているようなシーンになってます。

柴又帝釈天門前 とらや】


このとらやは昭和44年、第1作目の「男はつらいよ」の映画に使用され、第4作目まで「寅さん」の実家として撮影が行われたこともあり、
名物の草団子を求めて大勢の来客があり周辺のお店と比べても断トツの集客力でした。

折角なので草団子を一つ。極めて普通の味。写真右は柴又駅前には寅さんの銅像。


駅前から柴又帝釈天までの参道は美味しそうな和菓子のお店がずらりと並んでいて甘いものが大好きな私にはまるで天国のようでした。。
今度行くときはゆったりまったり甘味を食べながら楽しみたいです。


それにしても、作品は違うとはいえ同じ聖地巡礼なのにどうしてこんなにも違うのか。やはり次元の違いか・・・。


じょしらくBD/DVD第一巻発売記念イベント】



柴又のとらやで差し入れの草団子を買い探訪を終えた後、じょしらくイベントに参加するために船堀へ。

もともと今回の東京遠征はこのイベントに参加するために計画したもので、イベント当落わかる前に飛行機だけは押さえちゃってたんですよね。
座席は中段前方のなかなかのポジションをゲット。イベントは全体的にグダグダだったんですが、
イベント出だしにじょしらくOP「お後がよろしくって・・・よ!」を歌ってくれたのは感激しました。まさかこのイベントでライブを聴けるとは!
時々振付を間違ってしまったりしてたのはご愛敬。生で聴くとやっぱ違うんですねっ。
最後はカップリングの「れんあいこわい」を歌っていたのですが私は札幌行きの飛行機の時間があったので止む無くここで途中退席。あと3分時間に余裕があれば・・・!!
今回のイベントは予想以上に長いもので17時〜19時の2時間の公演でした。そして私の終電が18時59分発。
ぐぬぬ、これが地方民の限界なのか・・・次イベント企画するときは土曜日にしてくれたら嬉しいです!

そうそう、今日自分が一番遠方から来たぞと自信持って言える人!という質問を投げかけられたので正直に札幌と答えたら普通にスルーされました。
今回最も遠方から来た方は兵庫か仙台だったようです(白目)。


舞台探訪費:1590円



より大きな地図で じょしらくMAP を表示


撮影日:2012年11月25日


このページでは、じょしらくの背景を比較研究目的により引用しています。作品の著作権(画像も含む)は(C)久米田康治・ヤス・講談社/女子落語協会にすべて帰属します。


関連記事:じょしらく舞台探訪記事一覧